火災保険の主な内容

下記の補償内容は一般的な内容を記載したものであり特定の保険会社の補償内容を記載したものではありません。補償内容の詳細は必ず各保険会社の該当商品パンフレットおよび「重要事項説明書(契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明)」をご覧下さい。

火災・自然災害の補償

①、火災、落雷、破裂・爆発
火災イメージ
例)火災により住宅が燃えてしまった。
  落雷で家電製品がショートした。
②、風災・雹(ひょう)災・雪災
風災・雹(ひょう)災・雪災イメージ
例)台風で窓ガラスが割れた。
  台風で窓ガラスが割れて雨が部屋に入り、家電製品が濡れて使用不能になった。
③、水災
水災イメージ
例)大雨で床上浸水となり、床や壁に損害が生じた。
  大雨で床上浸水となり、家具や家電製品が水に浸り使用不能になった。

日常災害の補償

④、物体の落下・飛来・衝突等、水濡れ、労働争議に伴う破壊行為等
物体の落下・飛来・衝突等、水濡れ、労働争議に伴う破壊行為等イメージ
例)自動車に当て逃げされ、住宅がこわされた。
  給排水設備から漏水し、床や壁や家電製品が損害を受けた。

※保険会社によっては、「車の飛び込み」などによる損害は、以下「⑥、不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)」で、補償する場合もあります。

⑤、盗難
盗難イメージ
例)泥棒に窓ガラスをこわされた。
  泥棒に家電製品を盗まれた。
⑥、不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)
不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)イメージ
例)家具をぶつけてドアをこわしてしまった。
  誤ってテレビを倒し、こわしてしまった。
資料請求

ページの先頭へ